田舎に行ったり来たり…

onedoor.exblog.jp
ブログトップ

帰ってきた姑様

姑様帰ってきて、いつも通りにできると思っていたようですが、部屋はながもちやタンスが片付けられ、新しいベッドで戸惑っていました。
ベッドの向きが気に入らない、照明のヒモに手が届かない、こたつがない、部屋の戸を閉めろと文句タラタラです。
ベッドの位置は車椅子からの移動のためどうしても前のように置けませんでした。
こたつに座ってしまうと立ち上がらせるのがとても大変なのでこたつは出しませんでした。車椅子なのでこたつがジャマになると押し通しました。
座ってばかりいると足が浮腫むのでベッドに誘導しますが、日中はすぐ起き出してきます。
ショートステイ先から離床センサーを持ってきたので使っていますが、すぐセンサーの警報音が鳴り響いてベッドに横になってもホッとするヒマがありません。





[PR]
by purekomama | 2018-11-09 15:29 | 介護の話 | Comments(0)