田舎に行ったり来たり…

onedoor.exblog.jp
ブログトップ

息子が救急車を呼びました

自宅で一人暮らしをしている息子...
7月末頃から尿路結石で大変です。
とうとう救急搬送されました。
ここ数日痛みが強くなっていたようですが、深夜に我慢出来ず救急車を呼んだそうです。
深夜の2時前私に電話したようですが、寝てて気がつきませんでした。
娘の方に救急隊の方から電話がはいり、あわてた娘からの電話で目が覚めました。

息子からの連絡を待ち...
検査して、痛み止めをもらって帰宅したと連絡が入りました。
まだ痛くてうなってる...
ど〜したもんだろ〜と考えて...
明日から三連休で旦那が田舎に帰って来るので留守番頼んで息子の所に飛んできました。
今回は、急いだので新幹線です。

尿管結石って結石の大きさによりますが、基本水分摂って、なわとび?なんです。
息子は痛いので動けないと言うのですが、不安や心細さの方が強いようなんです。

おかんが来たので少し安心したかな?

鬼嫁ならぬ鬼母は、
「痛くて大事にしてても石は動かないよ〜体を動かしましょう!」と、
散らかった部屋の片付けにこき使いました。
わざとムダに階段を何度も使わせたり、ガンガンコキ使います。

早く石が出てくれればいいのですがなかなか思うようになりません。

山のような洗濯物とゴミの山...たった1ヶ月でよくもまぁ...
息子の言い訳は、痛くて...と

今回は大事に至らずやれやれですが、一人暮らしで石持ちの息子と介護の必要な姑様をかかえて分身の術が使えたらなぁ〜と思います。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村



[PR]
by purekomama | 2016-09-16 16:55 | ひとりごと | Comments(0)