人気ブログランキング |

田舎に行ったり来たり…

onedoor.exblog.jp
ブログトップ

やっと薬がもらえました

先週、激混みで断念した循環器クリニック...
今日もダメなら地元の公立病院に行こうと思って受付しました。
診察予定は2時半頃...姑様の帰宅時間にどうにか間に合いそうです。
待ってる間に美容院でカットしてもらって、あちこち買い物して、ミスドでランチして時間を潰しました。
d0322040_00285445.jpeg

その間に地震があってあたふた...姑様にこ家にいなかったのがバレます。

2時半にクリニックに戻ったら看護師さんが検査あるよ〜と...!?(・_・;?
なんでしたっけ?と恐る恐る案内された部屋に入ると体脂肪とか測りましょうと...
え〜それだけはご勘弁を...
測らなくてもメタボでデブなのは自覚しております。改めて数値で見なくても...と心で訴えたのですが、看護師さんは私の心の訴えも聞こえるわけもなく無情に器械に乗るようにと...
体成分分析するT-scan なんとかっていうヤツで、とてもお利口な器械らしいのですが、おばばの乾燥肌には敵わなかったらしく何度もエラーになるのです。
さすがに看護師さんが呆れてセンサーが触れるところに何か塗ってくれてやっと測定されました。
プリントアウトされたデータで間違いなくデブだと言われました。

そんな器械で測定しなくてもデブだってわかってるよ!
まったく余計なお世話だよ(♯`∧´)
内臓脂肪が多いンだってさ〜

私的には前回の採血の結果の方が気になるわけで...血糖値が正常だったのでホッとしているところです。

なんとか薬は切れずにもらうことができました。看護師さんや事務のお姉さんは、待たせてすみませんと言ってくれるのですが、先生は待って当然と言う態度なのがカチンときます。
姑様が時々行く開業医の先生は第一声「お待たせしてすみません」って言いますよ。本当に話をよく聞いてくれるので待ってる方に申し訳ない気持ちになります。
先生もそれぞれなんですけど、田舎ですから選べないのがつらいところです。




にほんブログ村
by purekomama | 2016-01-14 20:20 | ひとりごと | Comments(0)