田舎に行ったり来たり…

onedoor.exblog.jp
ブログトップ

骨折したって…

自宅に戻ってます。
帰りたかった我が家なのですが、バタバタと戻って来ました。
昨夜遅く、息子から携帯に電話が…
『階段から落ちた…足痛くて動けない…』涙声なんです。
母、慌てました。
なんたって大事な息子を一人暮らしさせて姑様の所に来ているのですから、何かあった時はどうしようといつも思ってました。
幸い、携帯までたどり着き助けを求められたのだから対処のしようがあります。
フル回転で考えて、母同士が仲のいい息子の同級生のお母さんに連絡して様子を見てもらうことにしました。
事情は知っているのですぐ自宅に駆けつけてくれて息子のLINEで様子を教えてくれました。
かなり腫れてるから骨折してるかもと…
旦那さんまで駆けつけて下さり、夜間の当番医に連れて行っていただきました。
夜間なのでレントゲンができなくて、湿布してシーネ固定されて帰宅、明日また受診するようにと…

さぁ困った!
足が不自由なら何もできないよ008.gif考えてもしょうがないので朝早く自宅に行く事にしました。少しでも眠っておこうと横になりましたが…
せっかくバイト決まったのにとか…姑様一人にできるのかとか…入院や手術になったらどうしようとか考えると眠れなくなってしまって暗いうちに出発しました。
旦那にメールしてOKは、取り付けました。

今日も友達に頼んで昨夜の病院に連れて行ってもらいました。
なんと言っても田舎からは車で10時間以上かかります。新幹線で行っても車がなければ足が不自由な息子を病院にも連れて行けないし…途中、足の小指の付け根のあたりがヒビが入っていると連絡が入りました。

明るいうちに我が家に到着し、久しぶりに息子に再会しました。
d0322040_8121983.jpg


バイト始めて、家の中のことが手が回らなくなったようでゴミ屋敷になっていました。
いつもお世話になっている近所のおばさんに息子が骨折して戻って来ている事を電話すると心配して飛んで来てくれて、家の中の惨状に呆れて、片付けを手伝ってくれました。
昨夜、ほとんど眠らず休憩もほとんどせずに10時間以上運転して来て、疲れ果てていたのに片付けなければ座る所もない状況だったので本当に助かりました。
あっと言う間にゴミを分別して、キッチンの流し台を掃除してくれて帰って行きました。
これで何か食べられる…

ここで20歳過ぎた息子に随分甘いと思われたと思いますが…
息子は、普通級は卒業できましたが、少し障害がありまして、大学を中退して専門学校を卒業してから仕事を見つけられずいます。
私と田舎に行く選択肢もありましたが、このような子を田舎で暮らさせるにはとてもストレスになると思い、自宅で一人暮らしさせていました。
いつかこんなことになるのではと思っていたのですが、現実なると一人暮しさせたのは間違いだったのかも…
しかし、閉鎖的な田舎で奇異な目で見られ、姑様にぎゃーぎゃー言われながら暮らすのはかわいそう過ぎます。

今回、片付けを手伝ってくれたおばさんや私に親身になってくれる親戚のおばさんは、『足だけでよかったンだよ。頭でも打って、意識失って電話もかけられなかったら大変な事になっていたんだから!』と言われ、確かにそう思いました。
実家の母にも、
『一人で痛くて心細かっただろうに…』って電話口で泣かれました。
本当にその通りです。

姑様を一人にしてはおけないけど、私は息子が大事です。
姑様、私はあなたのお母さんではありません。

動けるようになるまで息子のそばにいます!

でもなぁ〜彼女でもいれば、彼女にかいがいしく世話してもらって、食事作ってもらったり掃除してもらったりするンだろうなぁ〜きっとおかん、もう帰っていいよってじゃまにされるンだろうなぁ〜と妄想したりするンです。

疲れ果ててるわりには長くなりした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
[PR]
by purekomama | 2014-11-05 23:44 | Comments(2)
Commented by ハッハハー at 2014-11-06 19:25 x
いろいろ考えても疲れるので
今は息子さんの側についててあげて下さい
お大事に~~~
無理しないでね
Commented by purekomama at 2014-11-07 07:09
ハッハハーさんへ
ハッハハーさんの言う通りです。本当に疲れてます。一生懸命、お母さんします。